新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐため、「新しい生活様式」が求められてる今、ミセス・グローバル・アース滋賀大会では新しいカタチのコンテストを開催します。

昨年2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ほとんどのイベントが中止に追い込まれました。ミセス・グローバル・アースの大会も感染症対策を徹底して行い、席の配置や控室のレイアウトについても十分に検討し、感染リスクを最小限に抑えるよう努めました。2021年はこうしたコロナ禍でも安心してどこにいても参加できる、必要なビューティートレーニングはオンライン+対面を活用した「新しいコンテスト」のカタチに挑戦します。

コロナ禍で学んだ事の一つに、一人一人の責任ある行動がいかに大切かということ。それは環境問題に対しても同じことが言えます。一人一人の行動が地球をキレイにも、汚くもします。ひとつしかない私たちの地球を守るため、ミス・アースは地球環境保全への意識向上をどんな時でも訴え続けます。

それと同時に、コロナ禍でも「挑戦すること」を諦めて欲しくない想いがあるからこそ、感染対策をしっかりと行った上でレッスンを充実させ、ファイナリストにはリアルな大会を体験してもらうべくライブ配信での開催を目指します。

特に滋賀県は、母なる湖・びわ湖“マザーレイク”を預かる県として環境問題に関心が深いこともあり、大会を通じて環境問題に積極的に取り組んでまいりました。今大会も「美と健康は、美しい環境から。」美を通じて環境問題を提起し、地方経済の活性化を促すことを目的としております。ファイナリストは大会後1年間、ボランティア活動や滋賀県内の様々なイベントを通じて地球環境保護を啓発してまいります。また、美しい滋賀県を全国・世界へアピールし、滋賀を盛り上げてまいります。

公式Instagram

Instagramの写真を取得できませんでした。